どんなことが相談できる?

Posted on 17.1.30 By

税理士に依頼できる業務は新しい会社の設立だけではありません。税金に関する法律のプロとして、税務の代理や書類の作成・提出などの実務から、税金や経営計画の相談にも乗ってもらえます。具体的には、企業の経営状態を正しく理解するための記帳代行、従業員に支払う給与の計算や、税務署などへの申告や届け出の代行が主な業務です。

税金手続きは複雑で、ちょっとした記入ミスで申告ができなくなってしまうこともありえます。特に、売り上げが1,000万円を超える場合は、課税事業者として消費税の支払い義務が発生します。税務署の目も厳しくなるため、税務調査のためにも、普段から税理士のサポートを受けておくと安心です。事務所によっては、マイナンバーの対策や資金繰り、自社株の評価などについても相談に乗ってもらえるでしょう。

お金について困ったときに相談できる先があるというのは心強いものです。会社が大きくなれば、税理士の力を借りる機会は必ず出てきます。そのときになって慌てることのないよう、会社の立ち上げは、設立手続きからその後の経営サポートまでこなせる税理士に依頼しましょう。その際は、経験や年齢、会社の規模、税理士の得意分野などを考慮して、会社と自分に合った税理士を見つけてください。

未分類